30年前の洋楽ヒット・パレード


by musicsF

驚異的だったトップ10内デビュー

アナザー・スター
スティーヴィー・ワンダー

 FMポピュラー・ヒット・パレードがスタートするほぼ1年前の76年10月に史上3枚目の全米アルバム・チャート初登場1位という快挙を達成。グラミー賞でも最優秀アルバムに選ばれた「キー・オヴ・ライフ」からのサード・カットはラテン・フレイヴァーを用いた躍動的なナンバーで、全米での最高位は32位。

 FMポピュラー・ヒット・パレードでは77年11月13日付で9位初登場という驚異的な位置でニュー・エントリーを果たした。

 現在のように全米チャートも日本のチャートでも1位初登場やトップ10内初登場なんていうのが日常茶飯事という時代ではなかった。
 FMポピュラー・ヒット・パレードの歴史の中でも初登場でトップ10圏内という楽曲はそう多くはないと記憶している。

 この時期のスティーヴィー・ワンダーの突出した才能と勢いを感じさせるチャート・アクションといえるだろう。

 
[PR]
by musicsF | 2007-11-15 14:09 | 洋楽