「ほっ」と。キャンペーン

30年前の洋楽ヒット・パレード


by musicsF

ドラマの主題歌で大ブレイク

ウィル・ユー・ダンス
ジャニス・イアン

 FMポピュラー・ヒット・パレードは毎週、アルバム・チャートのトップ10も発表していた。
 その第1回目の1位だったのが、ジャニス・イアンのベスト・アルバム「ジャニスの部屋」。
 75年にアメリカでもヒットした「17歳の頃」で日本でも名を知られ出したジャニス・イアンは翌76年に「ラヴ・イズ・ブラインド」がテレビ・ドラマのテーマに使われたことにより大ブレイク。続いて77年にも再び「ウィル・ユー・ダンス」がテレビ・ドラマのテーマとなり、洋楽ファン以外にも名が知られる存在となっていた。

 「ジャニスの部屋」はこの2大ヒットをはじめ、「17歳の頃」、「奇跡の町」といった日本でのヒットや彼女の作品でロバータ・フラックで73年に全米ヒットになった「我が心のジェシー」等が収められた日本独自のベスト。来日記念盤でもあったためにベスト・セラーとなった。

 「ウィル・ユー・ダンス」はピアノの旋律もしゃれたムードを醸し出すシンプルながらも良くできていて、ドラマに使われなくてもそこそこヒットしていたのではないだろうか。鮮やかなエンディングも印象深く、最後まで聴きとどけたいナンバー。
[PR]
by musicsF | 2007-12-10 19:51 | 洋楽