30年前の洋楽ヒット・パレード


by musicsF

歌詞とタイトルが記憶に残った

冬将軍
スティーヴ・ミラー・バンド

 アルバム「ペガサスの祈り」からアメリカでは77年に17位まで上がった「スウィング・タウン」のB面だった作品はシンセサイザーを駆使した北風吹きすさむ寂寥感いっぱいのサウンドと散文のような短い歌詞が特徴的なナンバー。

 中学生だった私は学校で休み時間にクラスメイト達が持ってきて回し読みしていた芸能雑誌の付録だった流行歌(もちろんほとんどが歌謡曲)の歌詞と楽譜が載っている冊子をパラパラとめくっている時にこま楽曲のタイトルと歌詞がなぜか目にとまり、記憶していた。

 それからしばらくして校内のコンクールか何かで他のクラスの生徒がこの歌詞の対訳を大胆にもそのまんま写したものが、入賞したのを知り失笑したのを覚えている。

 しかし、当時はまだこの曲そのものは聴いたことがなかった。
[PR]
by musicsF | 2008-02-21 17:32 | 洋楽