30年前の洋楽ヒット・パレード


by musicsF

フィーヴァー上陸秒読み段階

悲しき願い
サンタ・エスメラルダ

 30年前の今頃、アメリカでは「サタデイ・ナイト・フィーヴァー」が大ヒット中で、ディスコ・ブームが最高潮に達しようとしていた。

 日本ではまだ「フィーヴァー」とまではいっていなかったが、それでもFMポピュラー・ヒット・パレードのチャートにもディスコ・ナンバーが少しずつ姿を見せ始めていた。

 そのひとつがこの年の日本の洋楽ヒットの中でも最大級のヒットとなったこのナンバー。
 スパニッシュ・フレイヴァーのアレンジが施されたドラマティックな楽曲で、耳にするたびに格好いいと私も思っていた。

 この曲は65年にアニマルズでヒット(米最高15位。ちなみにサンタ・エスメラルダ盤も米では最高15位)したもののカヴァーということで、後に大薗が番組(他局だったかもしれない)で紹介して、そのアニマルズ盤をオン・エアしたのを覚えているが、この華麗なアレンジに比べるとアニマルズ盤のあまりのシンプルさに愕然としたものだった。

 最近もTVコマーシャルに使われて耳にするが、困ったことに私の脳裏には近年はこの音が響くと「キル・ビル」の一場面がプレイ・バックされてしまう。
[PR]
by musicsF | 2008-03-03 20:30 | 洋楽