30年前の洋楽ヒット・パレード


by musicsF

お手本があった

涙色の微笑
バリー・マニロウ

 邦題とイントロの口笛の響きが印象深く、洋楽を聴き始めて間もない頃の私の記憶にも鮮明に残ったフェイヴァリット・ソングだった。

 全米チャートでもトップ3入りする大ヒットとなったが、彼の前にこの曲を録音していたアーティストがいた。
 ジノ・クニコというイタリア系のオーストラリアのアーティストが76年に発表したアルバムに収められていたものを実際に参考にしてバリー・マニロウは歌ったという。

 余談だが、80年にバリー・マニロウはジノ・クニコが書いた「心の絆」をとりあげて全米最高20位を記録するヒットにしている。
[PR]
by musicsF | 2008-05-27 17:43 | 洋楽