「ほっ」と。キャンペーン

30年前の洋楽ヒット・パレード


by musicsF

2曲同時のニュー・エントリー

愛すれど悲し
愛は魔術師


オリヴィア・ニュートンジョン

 10月29日付ではオリヴィア・ニュートンジョンの新曲2曲が同時にチャート・インしてきた。

 彼女が主演していた映画「グリース」のサウンドトラックからの「愛すれど悲し」とニュー・アルバム「さよならは一度だけ」からの「愛は魔術師」がそれぞれ別のレコード会社から出ていたためこうした事態となった。

 アメリカでは「愛すれど悲し」が7月からチャート・インして9月に最高3位、「愛は魔術師」 は11月に登場し、翌年の2月にこれも3位まで上がった。

 オリヴィア・ニュートンジョンは当時、日本でも高い人気をキープしていたが、さすがにこのほぼ2曲同時のリリース・タイミングが良くなかったのか、彼女にしては意外にも不振で、全国チャートでは「愛すれど悲し」は19位どまり。「愛は魔術師」は20位以内に届かずというほぼ共倒れ状態となった。

 FMポピュラー・ヒット・パレードではどちらが上位まで行ったのかは来週以降のチャートにしばらくご注目頂きたい。
[PR]
by musicsF | 2008-11-03 19:14 | 洋楽