30年前の洋楽ヒット・パレード


by musicsF

スタジオの情景も思い浮かぶ

マイ・ライフ
ビリー・ジョエル

 最初に入手した洋楽アルバムは「ポピュラー・ヒット・パレード」のアルバム・プレゼントで当選した「ストレンジャー」で、自分で最初に購入した洋楽のアルバムもビリー・ジョエルの「ニューヨーク52番街」(輸入盤)だったというのは既に記した。

 全米だけで1000万枚を超す大ヒットとなり、スーパー・スターの座に押し上げた「ストレンジャー」。連続ヒットとなり、グラミー賞でも最優秀アルバムを獲得した「ニューヨーク52番街」と共に最初に出会ったものとしては優れた内容のものだったのは私にとって洋楽を聴き続けていくうえで幸運だったのだろう。

 78年末に「ポピュラー・ヒット・パレード」の特別番組の放送があった。この特番は番組のリスナー達も参加して収録されたもので、私を洋楽ファンにした同級生とともに私も参加させてもらうことができた。
 FM福岡のスタジオに入ったのはこの時が初めてだった(後に私も仕事をすることになったそのスタジオとも新社屋移転に伴い去年の11月で別れを告げた)。

 何も知らないビギナーだった私達は他のリスナーの方々が詳しくいろいろなことを語られるのに圧倒され、自分達も洋楽に詳しくなりたいという思いを語りながら自転車で帰路をたどっていった。
 その時に私の心の中にはその特番の最後にかかった「マイ・ライフ」がずっと響いていた。
[PR]
by musicsF | 2009-01-22 15:18 | 洋楽