「ほっ」と。キャンペーン

30年前の洋楽ヒット・パレード


by musicsF

<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

1   
    今夜は帰さない (Clock Strikes Ten)

    悲しき願い (Don't Let Me Be Misunderstood)

    ステイン・アライヴ (Stayin' Alive)

    しあわせの予感 (With A Little Luck)

    テイク・ア・チャンス (Take A Chance On Me)

    愛のエモーション (Emotion)

    宇宙のファンタジー (Fantasy)

    デイ・ドリーム (Daydream Believer)

    未知との遭遇 (Theme From "Close Encounters Of The Third Kind")
10
    ワンダフル・ワールド ([What A] Wonderful World)
11
    ユー・リアリー・ガット・ミー (You Really Got Me)
12
    ただ愛のために (All For A Reason)
13
    幻の叫び (Warrior)
14
    涙色の微笑 (Can't Smile Without You)
15
    素顔のままで (Just The Way You Are)
16
    反逆のロックン・ロール (It's Not So Fanny)
17
    ロケット・ライド (Rocket Ride)
18
    ベイビー・カム・バック (Baby Come Back)
19 (初登場)
    キープ・ミー・ハンギング・オン (You Keep Me Hangin' On)
     ロッド・スチュワート (ROD STEWART)
     Warner P-270
20 (初登場)
    幸福はかげろうのように (I've Never Been To Me)
     メアリー・マクレガー (MARY MacGREGOR)
     Ariola America VIP-2605
[PR]
by musicsF | 2008-04-30 16:14 | 音楽

歴史的な初来日公演

今夜は帰さない
チープ・トリック

 30年前の今日、4月25日。チープ・トリック初の来日公演が福岡九電記念体育館を皮切りにスタートした。

 この時の日本公演は「at 武道館」として当初は日本で限定発売されていたが、それが本国でも注目を集め、やがて全米で300万枚を売り上げる大ヒットを記録。
 まさにひょうたんから駒というヒットだったが、彼らの出世作であるとともに、最大のヒット作となり、また武道館の名を世界にしらしめることにもなった。
 
 FMポピュラー・ヒット・パレード4月23日付けで1位を記録したこの曲も当然、福岡でも演奏されたのだろう。

 30年後の2008年4月24日。彼らは武道館で当時と同じセット・リストでライヴを行った(当初はそう発表されていたが、実際には演奏曲は大きく変更された。)。
[PR]
by musicsF | 2008-04-25 21:21 | 洋楽
1   
    今夜は帰さない (Clock Strikes Ten)

    悲しき願い (Don't Let Me Be Misunderstood)

    ステイン・アライヴ (Stayin' Alive)

    未知との遭遇 (Theme From "Close Encounters Of The Third Kind")

    しあわせの予感 (With A Little Luck)

    テイク・ア・チャンス (Take A Chance On Me)

    デイ・ドリーム (Daydream Believer)

    愛のエモーション (Emotion)

    ベイビー・カム・バック (Baby Come Back)
10
    素顔のままで (Just The Way You Are)
11
    宇宙のファンタジー (Fantasy)
12
    ユー・リアリー・ガット・ミー (You Really Got Me)
13
    ワンダフル・ワールド ([What A] Wonderful World)
14
    幻の叫び (Warrior)
15
    涙色の微笑 (Can't Smile Without You)
16
    反逆のロックン・ロール (It's Not So Fanny)
17
    胸につのる想い (You're In My Heart [The Final Acclaim])
18 (初登場)
    ただ愛のために (All For A Reason)
     アレッシー (ALESSI)
     A&M MP-1073
19 (初登場)
    ロケット・ライド (Rocket Ride)
     キッス (KISS)
     Casablanca VIP-2603
20
    夢の旅人 (Mull Of Kintyre)
[PR]
by musicsF | 2008-04-23 16:02 | 音楽
宇宙のファンタジー
アース、ウィンド&ファイア

 彼らの代表ヒットとして必ず挙がってきそうな曲だが、アルバム「太陽神」から日米ともにシングル・カットされたものの、アメリカでは32位とそれほど大ヒットになっていない。

 しかし、日本ではディスコ・ブームの追い風にタイミング良くのり、彼らにとって初のヒット曲となった。

 イントロやフィリップ・ベイリーの舞い上がるようなファルセット等からイメージされる神秘的なムードをうまく表現した邦題も成功要因の一つだったのかもしれない。

 既にアメリカでは高い実績を上げていた彼らが、日本でも人気を獲得するきっかけになった曲であると同時にディスコ・クラシックとして時代を超えて愛され続けているナンバーでもある。
[PR]
by musicsF | 2008-04-19 21:42 | 洋楽

    悲しき願い (Don't Let Me Be Misunderstood)
2   
    今夜は帰さない (Clock Strikes Ten)

    テイク・ア・チャンス (Take A Chance On Me)

    未知との遭遇 (Theme From "Close Encounters Of The Third Kind")

    デイ・ドリーム (Daydream Believer)

    ステイン・アライヴ (Stayin' Alive)

    素顔のままで (Just The Way You Are)

    しあわせの予感 (With A Little Luck)

    愛のエモーション (Emotion)
10
    ベイビー・カム・バック (Baby Come Back)
11
    胸につのる想い (You're In My Heart [The Final Acclaim])
12
    夢の旅人 (Mull Of Kintyre)
13
    エボニー・アイズ (Ebony Eyes)
14 (初登場)
    宇宙のファンタジー (Fantasy)
     アース・ウィンド&ファイアー (Earth, Wind & Fire)
     CBS Sony 06SP-211
15
    ユー・リアリー・ガット・ミー (You Really Got Me)
16
    ワンダフル・ワールド ([What A] Wonderful World)
17
    幻の叫び (Warrior)
18
    ワンス・アポン・ア・タイム (Once Upon A Time)
19 (初登場)
    反逆のロックン・ロール (It's Not So Fanny)
     クワイエット・ライオット (Quiet Riot)
     CBS Sony 06SP-212
20 (初登場)
    涙色の微笑 (Can't Smile Without You)
     バリー・マニロウ (Barry Manilow)
     Arista IER-20398
[PR]
by musicsF | 2008-04-16 17:11 | 音楽

    テイク・ア・チャンス (Take A Chance On Me)

    悲しき願い (Don't Let Me Be Misunderstood)
3   
    今夜は帰さない (Clock Strikes Ten)

    デイ・ドリーム (Daydream Believer)

    未知との遭遇 (Theme From "Close Encounters Of The Third Kind")

    夢の旅人 (Mull Of Kintyre)

    素顔のままで (Just The Way You Are)

    ステイン・アライヴ (Stayin' Alive)

    エボニー・アイズ (Ebony Eyes)
10   
    2・4・6・8・モーター・ウェイ (2・4・6・8 Motorway)
11
    胸につのる想い (You're In My Heart [The Final Acclaim])
12
    ワンス・アポン・ア・タイム (Once Upon A Time)
13   
    サンフランシスコ (San Francisco [You've Got Me])
14
    愛のエモーション (Emotion)
15
    ベイビー・カム・バック (Baby Come Back)
16 (初登場)
    しあわせの予感 (With A Little Luck)
     ウイングス (WINGS)
     Capitol/MPL EPR-20430
17
    遙かなる旅路 (Long, Long Way From Home)
18
    ユー・リアリー・ガット・ミー (You Really Got Me)
19
    ワンダフル・ワールド ([What A] Wonderful World)
20 (初登場)
    幻の叫び (Warrior)
     ライオット (RIOT)
     Victor VIP-2593
[PR]
by musicsF | 2008-04-09 16:29 | 音楽
遙かなる旅路
フォリナー

 78年4月に初来日。小倉市民会館でもライヴを行ったフォリナー。
 77年春にリリースされたデビュー・アルバム「栄光の旅立ち」はアメリカではプラティナ・ディスクを獲得。「衝撃のファースト・タイム」、「冷たいお前」とトップ10ヒットを連続で出し、既に人気グループの仲間入りを果たしていた。

 最高20位と好成績を収めたサード・シングル「遙かなる旅路」が来日記念盤となったが、全国的なヒットにはなっていない。まだ日本での人気は一部のファンにとどまっていた。

 そういう状況での小倉公演だっただけに観客の入りは今ひとつで、ライヴが始まっても会場はなかなか盛り上がらず、彼らが次第にやる気を失っていくのがわかるほどだったらしい。

 それでも熱心なファン達が懸命に盛り上げようとする姿を見て彼らも気を取り直し、それに応えるように終盤は一気に盛り返し、新曲まで披露し、劇的なほどに会場のムードはヒート・アップしていったという。

 これから2年後に九電記念体育館に再びやってきた彼らは更に増えたヒットを携え、貫禄十分のライヴを行うことになる。

 この時のオープニング・ナンバーとなったこの曲はたぶんこの78年の小倉公演でも1曲目だったのではないだろうか。
[PR]
by musicsF | 2008-04-08 18:59 | 洋楽

    テイク・ア・チャンス (Take A Chance On Me)

    悲しき願い (Don't Let Me Be Misunderstood)
3   
    今夜は帰さない (Clock Strikes Ten)

    夢の旅人 (Mull Of Kintyre)

    エボニー・アイズ (Ebony Eyes)
6   
    2・4・6・8・モーター・ウェイ (2・4・6・8 Motorway)

    デイ・ドリーム (Daydream Believer)

    未知との遭遇 (Theme From "Close Encounters Of The Third Kind")

    素顔のままで (Just The Way You Are)
10
    ワンス・アポン・ア・タイム (Once Upon A Time)
11   
    サンフランシスコ (San Francisco [You've Got Me])
12
    胸につのる想い (You're In My Heart [The Final Acclaim])
13 (初登場)
    ステイン・アライヴ (Stayin' Alive)
     ビー・ジーズ (BEE GEES)
     RSO DWQ-6049
14
    遙かなる旅路 (Long, Long Way From Home)
15
    恋するデビー (You Light Up My Life)
16
    ワンダフル・ワールド ([What A] Wonderful World)
17
    狂気の叫び (Shout It Out Loud)
18
    愛のエモーション (Emotion)
19
    ベイビー・カム・バック (Baby Come Back)
20 (初登場)
    ユー・リアリー・ガット・ミー (You Really Got Me)
     ヴァン・ヘイレン (VAN HALEN)
     Warner P-266
[PR]
by musicsF | 2008-04-02 15:53 | 音楽