30年前の洋楽ヒット・パレード


by musicsF

<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


    ステイン・アライヴ (Stayin' Alive)

    しあわせの予感 (With A Little Luck)

    宇宙のファンタジー (Fantasy)

    悲しき願い (Don't Let Me Be Misunderstood)

    涙色の微笑 (Can't Smile Without You)

    ロケット・ライド (Rocket Ride)

    ユー・リアリー・ガット・ミー (You Really Got Me)

    スウィート・トーキン・ウーマン (Sweet Talkin' Woman)

    恋のナイト・フィーヴァー (Night Fever)
10
    ビートルズなーんちゃって (Citations Innterrompues-Iere Chairs)
11
    愛のエモーション (Emotion)
12
    反逆のロックン・ロール (It's Not So Fanny)
13
    幻の叫び (Warrior)
14
    サレンダー (Surrender)
15
    ただ愛のために (All For A Reason)
16
    青春の序曲 (I'm Falling)
17
    イッツ・レイト (It's Late)
18 (初登場)
    キングズ&クイーンズ (Kings And Queens)
     エアロスミス (AEROSMITH)
     CBS Sony 06SP-217
19
    キープ・ミー・ハンギング・オン (You Keep Me Hangin' On)
20 (初登場)
    嘆きの天使 (Moving)
     ケイト・ブッシュ (KATE BUSH)
     EMI EMR-20417
[PR]
by musicsF | 2008-05-28 14:38 | 音楽

お手本があった

涙色の微笑
バリー・マニロウ

 邦題とイントロの口笛の響きが印象深く、洋楽を聴き始めて間もない頃の私の記憶にも鮮明に残ったフェイヴァリット・ソングだった。

 全米チャートでもトップ3入りする大ヒットとなったが、彼の前にこの曲を録音していたアーティストがいた。
 ジノ・クニコというイタリア系のオーストラリアのアーティストが76年に発表したアルバムに収められていたものを実際に参考にしてバリー・マニロウは歌ったという。

 余談だが、80年にバリー・マニロウはジノ・クニコが書いた「心の絆」をとりあげて全米最高20位を記録するヒットにしている。
[PR]
by musicsF | 2008-05-27 17:43 | 洋楽

    ステイン・アライヴ (Stayin' Alive)

    しあわせの予感 (With A Little Luck)

    宇宙のファンタジー (Fantasy)

    悲しき願い (Don't Let Me Be Misunderstood)

    愛のエモーション (Emotion)

    涙色の微笑 (Can't Smile Without You)

    ただ愛のために (All For A Reason)

    ユー・リアリー・ガット・ミー (You Really Got Me)

    ロケット・ライド (Rocket Ride)
10
    幻の叫び (Warrior)
11
    スウィート・トーキン・ウーマン (Sweet Talkin' Woman)
12
    恋のナイト・フィーヴァー (Night Fever)
13
    反逆のロックン・ロール (It's Not So Fanny)
14
    ビートルズなーんちゃって (Citations Innterrompues-Iere Chairs)
15   
    今夜は帰さない (Clock Strikes Ten)
16 (初登場)
    サレンダー (Surrender)
     チープ・トリック (CHEAP TRICK)
     Epic 06SP-230
17 (初登場)    青春の序曲 (I'm Falling)
     ベイビーズ (BABYS)
     Chrysalis WWR-20405
18
    フォーリン (Falling)
19
    キープ・ミー・ハンギング・オン (You Keep Me Hangin' On)
20 (初登場)
    イッツ・レイト (It's Late)
     クイーン (QUEEN)
     Elektra P-271
[PR]
by musicsF | 2008-05-21 16:41 | 音楽

    悲しき願い (Don't Let Me Be Misunderstood)

    ステイン・アライヴ (Stayin' Alive)

    しあわせの予感 (With A Little Luck)

    愛のエモーション (Emotion)

    宇宙のファンタジー (Fantasy)

    ただ愛のために (All For A Reason)
7   
    今夜は帰さない (Clock Strikes Ten)

    涙色の微笑 (Can't Smile Without You)

    ユー・リアリー・ガット・ミー (You Really Got Me)
10
    ロケット・ライド (Rocket Ride)
11
    幻の叫び (Warrior)
12
    ワンダフル・ワールド ([What A] Wonderful World)
13
    スウィート・トーキン・ウーマン (Sweet Talkin' Woman)
14
    反逆のロックン・ロール (It's Not So Fanny)
15
    テイク・ア・チャンス (Take A Chance On Me)
16 (初登場)
    恋のナイト・フィーヴァー (Night Fever)
     ビー・ジーズ (BEE GEES)
     RSO DWQ-6053
17
    キープ・ミー・ハンギング・オン (You Keep Me Hangin' On)
18
    幸福はかげろうのように (I've Never Been To Me)
19
    フォーリン (Falling)
20 (初登場)
    ビートルズなーんちゃって (Citations Innterrompues-Iere Chairs)
     カフェ・クリーム (CAFE CREME)
     EMI / Odeon EOR-20416
[PR]
by musicsF | 2008-05-14 16:37 | 音楽

日本では彼女の歌で初出

幸福はかげろうのように
メアリー・マクレガー

 日本でも82、86年にヒットしたシャーリーンの「愛はかげろうのように」という邦題で知られている楽曲。

 77年秋にシャーリーンによって全米最高97位を記録。それに続いてメアリー・マクレガーの録音は78年春にアダルト・コンテンポラリー・チャートで29位まで上がったが、総合チャートの100位以内に登場することはなかった。

 全国的なヒットとはいかなかったが、日本ではこのメアリー・マクレガー盤によって初めて紹介された曲だった。 

 ミネソタ州出身のメアリー・マクレガーはアメリカでは76年に1位を記録した「過ぎし日の想い出」という大ヒットを放ち、これが日本でも小ヒットになり、本格派シンガーとしてレコード会社も期待していた存在だったのだろう。

 シャーリーン盤がヒットした後も再び彼女の録音が大きく注目を浴びることもなく、知る人ぞ知るという存在で埋もれたままというのはもったいない気もする。
[PR]
by musicsF | 2008-05-13 18:20 | 洋楽

    悲しき願い (Don't Let Me Be Misunderstood)

    ステイン・アライヴ (Stayin' Alive)

    しあわせの予感 (With A Little Luck)
4   
    今夜は帰さない (Clock Strikes Ten)

    愛のエモーション (Emotion)

    宇宙のファンタジー (Fantasy)

    テイク・ア・チャンス (Take A Chance On Me)

    ワンダフル・ワールド ([What A] Wonderful World)

    ただ愛のために (All For A Reason)
10
    ユー・リアリー・ガット・ミー (You Really Got Me)
11
    涙色の微笑 (Can't Smile Without You)
12
    幻の叫び (Warrior)
13
    デイ・ドリーム (Daydream Believer)
14
    反逆のロックン・ロール (It's Not So Fanny)
15
    ロケット・ライド (Rocket Ride)
16 (初登場)
    スウィート・トーキン・ウーマン (Sweet Talkin' Woman)
     エレクトリック・ライト・オーケストラ (ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA)
     UA CM-112
17
    未知との遭遇 (Theme From "Close Encounters Of The Third Kind")
18
    キープ・ミー・ハンギング・オン (You Keep Me Hangin' On)
19
    幸福はかげろうのように (I've Never Been To Me)
20 (初登場)
    フォーリン (Falling)
     ルブラン&カー (LE BLANC & CARR)
     Big Tree P-286
[PR]
by musicsF | 2008-05-07 16:58 | 音楽

モータウン産の名曲

キープ・ミー・ハンギング・オン
ロッド・ステュワート

 66年シュープリームス、87年キム・ワイルドでと全米制覇を達成。68年にはヴァニラ・ファッジで6位と通算3度にわたって全米トップ10を記録したモータウンの名曲のひとつ。

 これを私が最初に耳にしたのはこのロッド・ステュワートによるカヴァーでだった。
 印象に残るドラマティックで荘厳なバラードにアレンジされた演奏はヴァニラ・ファッジ盤に倣ったものだったのを知ったのは後のこと。更にシュープリームスによるアップテンポのオリジナル録音を聴いたのはもっと後だった。

 アルバム「明日へのキック・オフ」から日本独自にシングル・カットされてヒットしたこの曲でドラムを担当しているのは元ヴァニラ・ファッジのカーマイン・アピス。
[PR]
by musicsF | 2008-05-06 20:51 | 洋楽