「ほっ」と。キャンペーン

30年前の洋楽ヒット・パレード


by musicsF

<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


    奇しい絆 (The Unconventional)

    ドント・ルック・バック (Don't Look Back)

    愛はいつまでも (Where Will I Be Now)

    カム・トゥゲザー (Come Together)

    ストラッター'78 (Strutter '78)

    パワー・イン・ザ・ダークネス (Power In The Darkness)

    燃える欲望 (Just What I Needed)

    カリフォルニア・マン (California Man)

    ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
    (Got To Get You Into My Life)
10
    息子 (Anak)
11
    バック・イン・ザ・USA (Back In The U.S.A.)
12
    永遠の人に捧げる歌 (Three Times A Lady)
13
    グリース (Grease)
14
    チェルシー (I Don't Want To Go To Chelsea)
15
    愛のきずな (The Bridge)
16
    ローリング・ザ・ボール (Then Heavy People)
17
    君のナンバー5705 (5.7.0.5.)
18 (初登場)
    ストレイト・オン (Straight On)
     ハート (HEART)
     Portrait 06・5P-4
19 (初登場)
    愛すれど悲し (Hopelessly Devoted To You)
     オリヴィア・ニューシン・ジョン (OLIVIA NEWTON=JOHN)
     RSO DWQ-6059
20 (初登場)
    愛は魔術師 (A Little More Love)
     オリヴィア・ニュートン・ジョン (OLIVIA NEWTON=JOHN)
     EMI EMR-20500
[PR]
by musicsF | 2008-10-29 16:55 | 音楽
カム・トゥゲザー
エアロスミス

 洋楽を聴き始めるきっかけは様々あるだろうが、親や兄姉が聴いていたのに影響されたという例も少なくない動機だろう。
 こういった方々は過去の作品に接する機会にも恵まれていたこともあって、リアル・タイムのものだけではなく、既に当時は活動していなかったアーティスト達に対しても同じかそれ以上に影響をうけることも多いのだと思う。

 近年は人気が出てもあまり過去に遡ってカタログを求める傾向が少ないといわれているが、私達の時代もリアル・タイムのものを追っかけていくことが先決で、特に学生の間は少ない資金をやりくりして新譜やライヴに優先しながらもお気に入りのアーティストの旧作を廉価盤になったのを機に揃えていっていた。

 また情報源もほぼラジオか音楽誌に限られていたため、年長者のファンと接することがないとなかなか過去の作品を知ることは出来なかった。

 中学生時代の私の周りにも洋楽ファンはいたが、やはりベイ・シティ・ローラーズやオリヴィア・ニュートンジョン、カーペンターズ、ビリー・ジョエルにアバなど当時、日本でうけていたアーティストのファンで、ビートルズのファンで彼らの過去のアルバムを持っていた友人と知り合ったのは高校生になってからだった。

 こういった状況だったこともあって私は中学生時代にビートルズの作品に接することはほとんどなかった。
 そんな中でビートルズの楽曲を使った映画「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」というものが鳴り物入りで登場してきた。
 FMポピュラー・ヒット・パレードにもこのアルバムからエアロスミスの「カム・トゥゲザー」とアース・ウインド&ファイアの「ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ」がランク・インしたことでこれらのビートルズの作品を私はこういったカヴァーで最初に知った。

 シングル・ヒットこそそこそこ出たもののこの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」は映画そのものの興行が失敗したこともあり、アメリカでは史上最大の返品記録アルバムといわれるほど期待を裏切るセールスに終わり、RSOが「サタデイ・ナイト・フィーヴァー」でせっかく得た収益を吐き出すことになってしまった
[PR]
by musicsF | 2008-10-22 17:17 | 洋楽

    奇しい絆 (The Unconventional)

    ストラッター'78 (Strutter '78)

    ドント・ルック・バック (Don't Look Back)

    愛はいつまでも (Where Will I Be Now)

    カム・トゥゲザー (Come Together)

    パワー・イン・ザ・ダークネス (Power In The Darkness)

    燃える欲望 (Just What I Needed)

    グリース (Grease)

    カリフォルニア・マン (California Man)
10
    ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
    (Got To Get You Into My Life)
11
    イーグル (Eagle)
12
    息子 (Anak)
13
    バック・イン・ザ・USA (Back In The U.S.A.)
14
    僕のシェイラ (Sheila)
15
    永遠の人に捧げる歌 (Three Times A Lady)
16
    愛のきずな (The Bridge)
17 (初登場)
    チェルシー (I Don't Want To Go To Chelsea)
     エルヴィス・コステロ (ELVIS COSTELLO)
     F-Beat P-303
18
    バッドランド (Badland)
19 (初登場)
    ローリング・ザ・ボール (Then Heavy People)
     ケイト・ブッシュ (KATE BUSH)
     EMI EMR-20490
20 (初登場)
    君のナンバー5705 (5.7.0.5.)
     シティ・ボーイ (CITY BOY)
     Vertigo SFL-2315
[PR]
by musicsF | 2008-10-22 16:44 | 音楽
バック・イン・ザ・U.S.A.
リンダ・ロンシュタット

 洋楽を楽しむのがレコードよりもラジオやカセット・テープだったこの頃、FM放送を効果的に聴くためのガイドとして隔週刊のFM雑誌を定期購入しはじめた。

 FM誌が隆盛を極めるその前夜といった時代で、書店には3誌ほどが並んでいたが、中身を見比べて全米チャートが掲載されていたことや番組表や記事が私の嗜好に合っていたものを最初に購入し、以来4年にわたって購読を続けた。

 その最初に買った号の表紙に描かれていたイラストがアルバム「ミス・アメリカ」のジャケットのローラー・スケートをはいた姿のリンダ・ロンシュタットだったのは鮮烈に記憶に焼き付いている(この号も含め当時のFM誌はことごとく処分してしまっているのが悔やまれる)。

 初めて彼女の歌を耳にしたのはこのチャック・ベリーの作品を歌った「バック・イン・ザ・U.S.A.」だったが、当時は別にとりわけ好きというわけではなかった。
 それでも、この後まもなく彼女は私の贔屓のアーティストになっていた。

 この後、彼女は私の音楽の趣味に大きく影響を与える重要なアーティストのひとりとなっていった。
[PR]
by musicsF | 2008-10-15 17:08 | 洋楽

    奇しい絆 (The Unconventional)

    ストラッター'78 (Strutter '78)

    イーグル (Eagle)

    ドント・ルック・バック (Don't Look Back)

    カム・トゥゲザー (Come Together)

    僕のシェイラ (Sheila)

    パワー・イン・ザ・ダークネス (Power In The Darkness)

    燃える欲望 (Just What I Needed)

    愛はいつまでも (Where Will I Be Now)
10
    グリース (Grease)
11
    カリフォルニア・マン (California Man)
12
    ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
    (Got To Get You Into My Life)
13
    キャロリーン (Carolene)
14
    バック・イン・ザ・USA (Back In The U.S.A.)
15
    ホット・ブラッデッド (Hot Blooded)
16 (初登場)
    息子 (Anak)
     フレディ・アギラー (FREDDIE AGUILAR)
     Polydor DPO-6094
17
    愛のきずな (The Bridge)
18 (初登場)
    永遠の人に捧げる歌 (Three Times A Lady)
     コモドアーズ (COMMODORES)
     Motown VIP-2639
19 (初登場)
    バッドランド (Badland)
     ブルース・スプリングスティーン (BRUCE SPRINGSTEEN)
     CBS Sony 06SP-256
20
    霧のベイカー街 (Baker Street)
[PR]
by musicsF | 2008-10-15 17:01 | 音楽

田んぼでジャパン

奇しい絆
ジャパン

 私が日々洋楽を聴くようになってからこの頃で半年ぐらいが経っていた。
 とはいってもまだステレオも持っておらず、もっぱら学習用と称して買ってもらったラジカセでカセット・テープに楽曲を録音して楽しむ毎日だった。
 
 私を洋楽ファンにした同級生もまだラジカセで聴いていたが、彼の方が高性能で本格的な機材で、出力も大きく迫力のある音だった。

 放課後にそのラジカセに電池を入れて、音楽やラジオを聞きながら彼の家の近所にある稲を刈った後の田んぼでキャッチ・ボールをしたことも何度かあったように思う。

 周りに家屋がないために大音量でカセット・テープを再生していたが、そんな光景を思い出させるのはジャパンのこの初ヒットだった。

 田んぼで耳にするには場違いもはなはだしいタイプの曲だったが、そのカッコいいサウンドはそんな状況もものともしなかった。
 「ほれぼれするぜ」と気に入っていたものに対しての彼の口癖が今でも聞こえてくるようだ。

 私がFMポピュラー・ヒット・パレードのランキングをノートにつけはじめた78年10月の第1週にこの曲は1位を獲得した。
[PR]
by musicsF | 2008-10-08 16:00 | 洋楽

    奇しい絆 (The Unconventional)

    ストラッター'78 (Strutter '78)

    イーグル (Eagle)

    キャロリーン (Carolene)

    僕のシェイラ (Sheila)

    カム・トゥゲザー (Come Together)

    ホット・ブラッデッド (Hot Blooded)

    ドント・ルック・バック (Don't Look Back)
9   
    霧のベイカー街 (Baker Street)
10
    パワー・イン・ザ・ダークネス (Power In The Darkness)
11
    燃える欲望 (Just What I Needed)
12
    バビロンの河 (Rivers Of Babylon)
13
    グリース (Grease)
14
    カリフォルニア・マン (California Man)
15
    天国行き超特急 (Two Tickets To Paradise)
16   
    ストレンジャー (The Stranger)
17 (初登場)
    愛はいつまでも (Where Will I Be Now)
     ベイ・シティ・ローラーズ (BAY CITY ROLLERS)
     Arista IER-20485
18 (初登場)
    愛のきずな (The Bridge)
     ジャニス・イアン (JANIS IAN)
     CBS Sony 06SP-265
19 (初登場)
    ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
    (Got To Get You Into My Life)
     アース・ウィンド&ファイア (EARTH, WIND & FIRE)
     CBS Sony 06SP-260
20 (初登場)
    バック・イン・ザ・USA (Back In The U.S.A.)
     リンダ・ロンシュタット (LINDA RONSTADT)
     Asylum P-333
[PR]
by musicsF | 2008-10-08 15:41 | 音楽

親近感をおぼえた

燃える欲望
カーズ

 洋楽を聴き始めた頃はどれも私にとっては新しい出会いばかりだったが、彼らはちょうど私が本格的に洋楽に関心を持ち出した頃に登場してきたグループだったので、ほぼリアル・タイムで成長し、活躍していく過程と接することが出来たので、とりわけ親近感をおぼえるバンドのひとつだった。

 気を持たせるようなギターの音で始まり、シンセサイザーをうまく使いながら展開していく、メロディアスな作品だったが、そこには新人ながら他のグループとはひとあじ違う個性的なセンスを感じさせた。

 この曲がヒットした翌年に「レベル・ポイント」という映画が公開され、そのサウンドトラックにもこの楽曲が収められていた。
 私を洋楽ファンにした同級生は映画も好きで、よく試写会に応募して見に行っていたが、この映画も彼が当選した試写会の招待券で一緒に見に行ったのは覚えているが、肝心な内容やカーズのこの曲もどこで使用されたかというのは全く記憶にない。

 それでも同じくこの映画のサウンドトラックに提供されて話題になっていたチープ・トリックの「スピーク・ナウ」ではなく、この曲から私は映画のタイトルを思い出す。
[PR]
by musicsF | 2008-10-01 16:44 | 洋楽

    奇しい絆 (The Unconventional)

    イーグル (Eagle)

    ストラッター'78 (Strutter '78)

    ホット・ブラッデッド (Hot Blooded)

    バビロンの河 (Rivers Of Babylon)

    僕のシェイラ (Sheila)

    キャロリーン (Carolene)
8   
    ストレンジャー (The Stranger)
9   
    霧のベイカー街 (Baker Street)
10
    カム・トゥゲザー (Come Together)
11
    コパカバーナ (Copacabana [At The Capa])
12
    ドント・ルック・バック (Don't Look Back)
13
    パワー・イン・ザ・ダークネス (Power In The Darkness)
14
    燃える欲望 (Just What I Needed)
15
    ミスター・ブルー・スカイ (Mr. Blue Sky)
16
    天国行き超特急 (Two Tickets To Paradise)
17   
    シャドウ・ダンシング (Shadow Dancing)
18 (初登場)
    グリース (Grease)
     フランキー・ヴァリ (FRANKIE VALLI)
     RSO DWQ-6057
19 (初登場)
    カリフォルニア・マン (California Man)
     チープ・トリック (CHEAP TRICK)
     Epic 06・5P-2
20
    裏切りのゲーム (Still The Same)
[PR]
by musicsF | 2008-10-01 16:23 | 音楽