「ほっ」と。キャンペーン

30年前の洋楽ヒット・パレード


by musicsF

<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


    マイ・ライフ (My Life)

    失われた愛の世界 (Too Much Heaven)

    バイシクル・レース (Bicycle Race)

    アイム・セクシー (Do Ya Think I'm Sexy?)

    サマー・ナイト・シティ (Summer Night City)

    雨のニューヨーク (Another Rainy Day In New York City)

    孤独な安らぎ (Sometimes I Feel So Low)

    ホールド・ザ・ライン (Hold The Line)

    ダブル・ヴィジョン (Double Vision)
10
    セプテンバー (September)
11
    ホールド・ミー、タッチ・ミー (Hold Me, Touch Me)
12
    ブルー・カラー・マン (Blue Collar Man)
13
    二人だけのクリスマス (Please Come Home For Christmas)
    /ファンキー・ニュー・イヤー (Funky New Year)
14
    ワン・ラスト・キッス (One Last Kiss)
15 (初登場)
    Y.M.C.A. (Y.M.C.A.)
     ヴィレッジ・ピープル (VILLAGE PEOPLE)
     Casablanca VIP-2680
16
    アイ・ビリーヴ・ユー (I Believe You)
18
    ファイヴ・ミニッツ (Five Minutes)
17 (初登場)
    ニューヨーク・グルーヴ (New York Groove)
     エース・フレーリー (ACE FREHLEY)
     Casablanca VIP-2669
19 (初登場)
    ホワット・ア・フール・ビリーヴス (What A Fool Believes)
     ドゥービー・ブラザーズ (The DOOBIE BROTHERS)
     Waner P-363
20 (初登場)
    トライ・イット・オン (Try It On)
     ロゼッタ・ストーン (ROSETTA STONE)
     Private Stock EMR-20521
[PR]
by musicsF | 2009-01-28 17:51 | 音楽

ブライテスト・ホープ

ホールド・ザ・ライン
TOTO

 「ポピュラー・ヒット・パレード」の年末特番では収録を前に参加者にアンケートがとられ、ベスト・アルバム、ベスト・シングルや印象に残った音楽ニュースなどを記入していた。

 私はニュースでキース・ムーンの死(といっても当時はザ・フーやキース・ムーンの凄さなどは全く理解していなかった)、ブライテスト・ホープでTOTOと記入したのだけは覚えている。

 グループ名は当然ながら、アルバム・ジャケットや「宇宙の騎士」という邦題も印象に強く残ったこともあったが、楽曲そのものの魅力も新鮮に感じられた。

 豪快で荒削りの様でありながらも実は精緻に組み立てられたサウンドは新人といえどもさすがに多くのセッションでキャリアを積んでいた彼らならではのものだった。

 この時のアンケートでもブライテスト・ホープとして一番票を集めた彼らは、すぐにアメリカ以上に日本でも根強い人気を獲得し、人気グループとなっていった。
[PR]
by musicsF | 2009-01-23 19:21 | 洋楽

    マイ・ライフ (My Life)

    バイシクル・レース (Bicycle Race)

    サマー・ナイト・シティ (Summer Night City)

    ダブル・ヴィジョン (Double Vision)

    失われた愛の世界 (Too Much Heaven)

    ホールド・ミー、タッチ・ミー (Hold Me, Touch Me)

    二人だけのクリスマス (Please Come Home For Christmas)
    /ファンキー・ニュー・イヤー (Funky New Year)

    アイム・セクシー (Do Ya Think I'm Sexy?)

    孤独な安らぎ (Sometimes I Feel So Low)
10
    アライヴ・アゲイン (Alive Again)
11
    雨のニューヨーク (Another Rainy Day In New York City)
12
    パート・タイム・ラヴ (Part Time Love)
13
    たそがれのロンドン・タウン (London Town)
14
    ホールド・ザ・ライン (Hold The Line)
15
    セプテンバー (September)
16 (初登場)
    ブルー・カラー・マン (Blue Collar Man)
     スティクス (Styx)
     A&M AMP-1005
17
    アイ・ビリーヴ・ユー (I Believe You)
18 (初登場)
    ワン・ラスト・キッス (One Last Kiss)
     J.ガイルズ・バンド (The J. GEILS BAND)
     EMI America EYR-20534
19
    ホット・チャイルド (Hot Child In The City)
20 (初登場)
    ファイヴ・ミニッツ (Five Minutes)
     ストラングラーズ (The STRANGLERS)
     UA CM-192
[PR]
by musicsF | 2009-01-22 17:36 | 音楽
マイ・ライフ
ビリー・ジョエル

 最初に入手した洋楽アルバムは「ポピュラー・ヒット・パレード」のアルバム・プレゼントで当選した「ストレンジャー」で、自分で最初に購入した洋楽のアルバムもビリー・ジョエルの「ニューヨーク52番街」(輸入盤)だったというのは既に記した。

 全米だけで1000万枚を超す大ヒットとなり、スーパー・スターの座に押し上げた「ストレンジャー」。連続ヒットとなり、グラミー賞でも最優秀アルバムを獲得した「ニューヨーク52番街」と共に最初に出会ったものとしては優れた内容のものだったのは私にとって洋楽を聴き続けていくうえで幸運だったのだろう。

 78年末に「ポピュラー・ヒット・パレード」の特別番組の放送があった。この特番は番組のリスナー達も参加して収録されたもので、私を洋楽ファンにした同級生とともに私も参加させてもらうことができた。
 FM福岡のスタジオに入ったのはこの時が初めてだった(後に私も仕事をすることになったそのスタジオとも新社屋移転に伴い去年の11月で別れを告げた)。

 何も知らないビギナーだった私達は他のリスナーの方々が詳しくいろいろなことを語られるのに圧倒され、自分達も洋楽に詳しくなりたいという思いを語りながら自転車で帰路をたどっていった。
 その時に私の心の中にはその特番の最後にかかった「マイ・ライフ」がずっと響いていた。
[PR]
by musicsF | 2009-01-22 15:18 | 洋楽

    マイ・ライフ (My Life)

    バイシクル・レース (Bicycle Race)

    サマー・ナイト・シティ (Summer Night City)

    アライヴ・アゲイン (Alive Again)

    ダブル・ヴィジョン (Double Vision)

    失われた愛の世界 (Too Much Heaven)

    たそがれのロンドン・タウン (London Town)

    パート・タイム・ラヴ (Part Time Love)

    ホールド・ミー、タッチ・ミー (Hold Me, Touch Me)
10
    二人だけのクリスマス (Please Come Home For Christmas)
    /ファンキー・ニュー・イヤー (Funky New Year)
11
    孤独な安らぎ (Sometimes I Feel So Low)
12
    アイム・セクシー (Do Ya Think I'm Sexy?)
13
    雨のニューヨーク (Another Rainy Day In New York City)
14
    ビースト・オヴ・バーデン (Beast Of Burden)
15
    ホット・チャイルド (Hot Child In The City)
16
    ウェル・オール・ライト (Well All Right)
17
    ホールド・ザ・ライン (Hold The Line)
18
    アイ・ビリーヴ・ユー (I Believe You)
19 (初登場)
    セプテンバー (September)
     アース、ウィンド&ファイア (EARTH, WIND & FIRE)
     CBS Sony 06SP-280
20
    恋のまわり道 (Don't Send Me Away Again)
[PR]
by musicsF | 2009-01-14 17:24 | 洋楽

    マイ・ライフ (My Life)

    バイシクル・レース (Bicycle Race)

    サマー・ナイト・シティ (Summer Night City)

    アライヴ・アゲイン (Alive Again)

    たそがれのロンドン・タウン (London Town)

    パート・タイム・ラヴ (Part Time Love)

    ダブル・ヴィジョン (Double Vision)

    恋のまわり道 (Don't Send Me Away Again)

    ビースト・オヴ・バーデン (Beast Of Burden)
10
    ホールド・ミー、タッチ・ミー (Hold Me, Touch Me)
11
    失われた愛の世界 (Too Much Heaven)
12
    ウェル・オール・ライト (Well All Right)
13
    二人だけのクリスマス (Please Come Home For Christmas)
    /ファンキー・ニュー・イヤー (Funky New Year)
14
    孤独な安らぎ (Sometimes I Feel So Low)
15 (初登場)
    アイム・セクシー (Do Ya Think I'm Sexy?)
     ロッド・スチュワート (ROD STEWART)
     Warner P-364
16
    ホット・チャイルド (Hot Child In The City)
17 (初登場)
    雨のニューヨーク (Another Rainy Day In New York City)
     ベイ・シティ・ローラーズ (BAY CITY ROLLERS)
     Arista IER-20512
18 (初登場)
    ホールド・ザ・ライン (Hold The Line)
     TOTO (TOTO)
     CBS Sony 06SP-274
19
    チェンジ・オヴ・ハート (Change Of Heart)
20 (初登場)
    アイ・ビリーヴ・ユー (I Believe You)
     カーペンターズ (CARPENTERS)
     A&M AMP-1014
[PR]
by musicsF | 2009-01-07 14:17 | 洋楽
トロピカル・ラヴ
10cc

 まだレゲエという音楽がどんなものかを知らなかった頃。だけどそのリズムを使った「ホテル・カリフォルニア」やこの「トロピカル・ラヴ」などで知らず知らずにレゲエと接していた。

 後になってみれば歌詞の中にレゲエやジャマイカというものがあり、オリジナル・タイトルにもあるドレッド・ロックが何なのかというのもわかってくるのだが、当時は何とも個性的で不思議な曲だなぁとグループ名ともども思っていた。

 イギリスでは1位、アメリカでは44位。日本では全国的なヒットにはならなかったが、ラジオではよく耳にした記憶がある。個性の強さゆえに何回も耳にしたという風に感じているのかもしれない。

 後に聴いた「アイム・ノット・イン・ラヴ」は今でも巷でたまたま耳にする機会もあるが、それ以上に強烈な印象だったにもかかわらずこの曲は歳月とともに次第に忘れ去られているように思える。
 
[PR]
by musicsF | 2009-01-07 13:22 | 洋楽